紫外線対策

紫外線が強い季節

紫外線は肌の日焼けの原因になることから、夏になると気にかける人が増加します。
日焼け止めクリームやUV商品も、夏になると増加してきています。

紫外線は夏に多くはなりますが、夏だけに存在するものではありません。冬季は減少するものの、紫外線は1年中肌に影響を及ぼしています。

6月から8月が紫外線の盛りですが、3月以降はもう紫外線の季節です。夏に比べれば少ないかもしれませんが、最も多い時と比較しても冬の紫外線でB波20%、A波50%は届いていると言われているのです。

肌の健康を守るためなら、春秋冬でも気を抜かずに、紫外線に対する備えをしておくべきです。季節による影響だけでなく、様々な条件に紫外線の量は左右されると言われています。

緯度がどのくらいの場所かや、1日のうちのどの時間帯かによっても紫外線量は変わります。太陽光の反射を含めた場所の違いや高度の違いなども影響してきます。

短期間の旅行で、予想外に日焼けをしたという体験談もありますが、これはいつもと環境も行動も違ったために、紫外線下の活動がふえたせいかもしれません。

時節や天候など、ほんの少しの要因で紫外線量は変わってくるものです。紫外線を肌に浴びる機会をできるだけ減らすために、季節や場所に合わせた紫外線対策を常に行うように心がけることが大事です。

肌への影響

地表に到達する紫外線はUVAとUVBの二種類ですが、それぞれお肌にはどのような作用があるでしょう。

日焼けやしわ、たるみの原因になるものが紫外線A波です。一方、紫外線B波は、肌を急激に日焼けさせます。雲や窓ガラスもすり抜けてしまうため、曇りの日でも室内でも肌の奥深くの真皮まで到達することができます。

雲が出ている日でも、紫外線対策をしっかりしてお肌をガードするようにしましょう。皮膚に赤い腫れができたり、しみができたりするのが紫外線B波の作用です。

紫外線B波は、皮膚の表面に留まって肌に作用する性質があります。紫外線A波ほど肌の奥までは届きませんが、皮膚の表面が赤く焼けたようになる場合があります。

日焼けによってしみやそばかすが増加するのは、UVBの作用でメラニン色素が増加するためです。見た目だけでは何の変化もないようでも、実は紫外線の影響は積み重なっています。気づかない間に日焼けを繰り返すことにより肌の光老化は進んでいるのです。

お肌に紫外線が届かないように対処することが肝心です。肌に紫外線が届かないようにUVカット効果がある化粧品や、つばの大きめの防止、サングラスなどが使いやすいでしょう。

肌に紫外線の浴びる量を減らすためにも、UVカット加工がされている服などを使っていきましょう。

肌を守る

夏になり、紫外線がだんだんと強くなってくると、紫外線防止グッズの話題がよく出るようになります。紫外線対策に効果があるという商品は、ネット通販やドラッグストアなど、色々なところで購入できます。

以前は太陽の光を浴びた方が良いと言われていた時期もありました。子供は夏は積極的に外で遊び、どんどん紫外線を浴びて日焼けすることが推奨され、紫外線の害は顧みられなかったこともあります。

肌は紫外線にさらしすぎないほうがいいという学説が一般的になったのは、そう昔ではありません。白内障や皮膚がんの発生率が上がるだけでなく、感染症にもなりやすくなることが、紫外線の弊害として挙げられます。

病気への抵抗力が低下するだけでなく、紫外線は皮膚を老化させる作用があります。美容を気にする人にとっては、紫外線はリスクの高いものでしょう。美容のためにも、肌に紫外線を受けすぎないようにする必要があります。

紫外線防止についてのいろいろな研究も進められていますし、紫外線を防止するのに役立つ商品も数多く販売され、店頭での品揃えもかなり充実しています。紫外線がわずかでも皮膚に届かないようにするということはできない相談ですが、紫外線対策用品を生活の中に取り入れることで、できるだけ紫外線を防ぎましょう。

紫外線防止に人気のある商品としては、日焼けクリームや日傘だけでなく、サングラスや長袖シャツ、長手袋、ツバ広の帽子などがあります。肌を紫外線にさらしてしまってからリカバリーをするより、あらかじめ紫外線防止の手を打っておくほうが肌にはいいですから、ぜひ実践してください。

しみ

しわやしみのないきれいなお肌をキープするためには、紫外線が強くなる季節でもしっかりと紫外線予防をしましょう。

なぜ紫外線がお肌のしみやしわを増やすのかメカニズムを把握することで、適切な紫外線対策ができるようになります。

しみやくすみの原因となるメラニン色素は、メラノサイトという細胞からつくられます。このメラノサイトは、紫外線の波長に反応します。メラニン色素というのは、肌の色を黒くする事によって紫外線を吸収して、肌を守っています。

お肌のために、メラニン色素はつくられているのです。とはいえ、メラニン色素が多くなりすぎると色素沈着の原因になることがあります。ターンオーバーによって古い皮膚と新しい皮膚は絶えず入れ代わっていますか、メラニン色素は本来は古い皮膚と一緒に排出されます。

お肌にシミができるのは、ターンオーバーによって排出されきれなかったメラニン色素が沈着し、皮膚の中に留まっているためです。

皮膚のシミは、紫外線を浴びた直後にできるものではなく、時間が経過して肌の状態が落ち着いてから目立つようになります。たいていは、夏に浴びた紫外線が目に見える形になるのは、秋や冬ごろになって、だんだん出てくる事が多いのです。

その時になってがっくりしないように、日頃から紫外線対策を十分にしておくことが重要です。しみやくすみのない肌であり続けるためには、夏以外の季節でも紫外線への対策を講じ、長時間紫外線を浴びることのないように肌を守るようにしましょう。

UVカット

紫外線対策の基本は、太陽光の下に出る時に紫外線を肌に浴びないようにするということです。けれども、陽光の下で活動する機会は必ずあります。

外に行く時は、紫外線カット処理がされているサングラスや日傘、衣類などを使って、できるだけ紫外線を遮られるようにしておきましょう。

紫外線は目に見えないだけでなく、地面や物にも反射する性質があるので、意識した対策をしなければなりません。サングラスや帽子をしていても、地面からや、横から紫外線が顔に到達するという可能性はあるわけです。

普段は気が行き届かないことに関しても、紫外線対策をしておく心がけがいると言われています。紫外線を散乱または吸収するサンオイルを皮膚に塗っておくことも紫外線対策になります。

数時間おきに日焼け止めクリームをつけることで、紫外線対策効果を維持することができます。化粧崩れを直す機会がある人は、その時に日焼け止めクリームもつけ直すことによって、紫外線から皮膚をガードし続けることが可能です。

日焼け止めには、SPFといった日焼け止めの度数などが書いてあります。強い紫外線の下で活動する時はSPF50の日焼け止めクリームを使い、日常生活の中ではSPF20〜50の日焼け止めクリームを使うという使い分けも有効です。普段から、ちょっとしたことで紫外線対策を心がけるようにしましょう。

化粧品でUV対策

紫外線は、肌に浴びてしまってから行う対策と、紫外線を肌から遮るための対策とが存在します。さほど長時間紫外線の下で活動してはいなかったはずなのに、肌が日焼けでひりひり痛んだり、赤く熱を持ってしまうということは珍しい話ではありません。

肌に紫外線を浴びてしまった時に、皮膚のダメージを緩和する方法は何かないのでしょうか。一度に強い紫外線を肌に浴びてしまうと、赤くなってしばらく持続します。多くの場合、赤みは一日程度でおさまります。

皮膚の赤みは、多少冷やしたくらいではそう簡単にはなくなりません。そこから何日かが経過するとメラニン色素が多くなり、日焼けと呼ばれる状態になります。

皮膚が黒くなるまでは肌の炎症を抑制する美白化粧品などを活用し、シミやくすみなどが増えないようにすることが、紫外線対策では重要です。抗酸化力のある成分が、美白化粧品は含まれていることが多いといいます。効率的な紫外線対策を講じたい場合は、美白成分の使われている化粧品を少し多めに使うことです。

デパートなどの紫外線対策のための商品コーナーにはいろいろあります。紫外線から皮膚を遮るためのもの以外でも、日焼けをした後に肌につけるクリームやローションなどもあります。

紫外線対策のためにも、強い紫外線を浴びて肌が赤みを帯びた場合は、炎症を抑える成分や、皮膚の回復を促す成分が使われているローションなどを積極的に使って、スキンケアをしていきましょう。

 

サイトマップ